上陸のプロセス

ナチュラリゼーションの最初に顎のワークがあります。
それは座位でも行いますが、うつ伏せで肘や手のひらで身体の重さを支えながら、顎を開けたり閉じたりすることと、背骨の動き、胸郭の動き、そして呼吸という様々な働きに関わる動きを再学習していくわけです。

私達の祖先が水中から頭を出して、鰓呼吸から肺呼吸へと進化していく過程で、顎も形成されていきましたが、その一方では頭骨と肩帯の分離という骨の大改造もなされていたのです。それがやがて首になり、またその姿勢をとって動くようになる中でカーブした長い肋骨も、踵や5本の指も形成されていきました。

“上陸のプロセス” 続きを読む

活き

私が今、皆さまにお伝えしているナチュラリゼーションという運動の再学習のプログラムは、「こう意識して、こう操作しよう」「ここが弱いから鍛えよう」であるとか、まず理解ありきというところから始まる意志を持った「働きかけ」から直接的に何かを変えようというようなアプローチとは少し違った視点も必要で、その辺りを言葉にしてお伝えするのが難しいのですが、年末に再読した『<いのち>の自己組織』という本の中で書かれている「活き(はたらき)」という言葉がそれに通ずるところがあるように思います。

“活き” 続きを読む

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑