知っていることと感じられていること

「股関節」という言葉を殆どの方は知っています。
それがどこにあるかということも、
例えば解剖学や運動学の本の図、
模型などを通じて知っている方も多いです。

けれども、自分の内なる感覚として
それがどこに存在していて、今どのように動いているかを
脳が正確に捉えられているかといえば
必ずしもそうとは言えないということに気付いたり
ほんの少しその精度が増すような働きかけをしただけでも
股関節周りの筋の働きあいが自ずと変わって
より機能的な動きが出現するという体験を
先日の出張講座の際に皆さんにしていただきました。

使おうという意識以前に
自ずと発露してくる動きに出合うことで
その後にいつも行なっている股関節くるくるのワークや
ズリバイ、脱力のワークなどの動きを行ってみると
動きの軽さや滑らかさが全然違うことを発見したり
股関節周りの感覚がクリアになったり
不要な力が抜けていく感触を新たにした方も多かったようです。

fullsizeoutput_40d4

土曜日は自習会の後に、
ミニマルシューズや裸足で河川敷を歩く機会を設けました。

先日の台風の爪痕も
なぎ倒された草木や削られた地面
様々に散らばる砂利や玉石となって残っていて
自然の力の大きさを
ひしひしと感じるひと時でもありました。

芝生を歩くとき
小さな砂利道を歩くとき
少し大き目の玉石の上に乗りながら歩くとき
その刺激も、必要な調和も、バランス感覚も変わります。

こうした機会を経験している方も
初めての方もいらっしゃいましたが
様々な表情の地面に対応し、
足裏からの刺激を豊かに感じながら歩くという体験を通じても、
解き放たれていく力や自ずと生まれてくる調和によって、
その後に舗装された道を歩いた際の感触の違いを
参加者の皆さんは実感なさっていました。

fullsizeoutput_40b7

上陸のプロセス

ナチュラリゼーションの最初に顎のワークがあります。
それは座位でも行いますが、うつ伏せで肘や手のひらで身体の重さを支えながら、顎を開けたり閉じたりすることと、背骨の動き、胸郭の動き、そして呼吸という様々な働きに関わる動きを再学習していくわけです。

私達の祖先が水中から頭を出して、鰓呼吸から肺呼吸へと進化していく過程で、顎も形成されていきましたが、その一方では頭骨と肩帯の分離という骨の大改造もなされていたのです。それがやがて首になり、またその姿勢をとって動くようになる中でカーブした長い肋骨も、踵や5本の指も形成されていきました。

“上陸のプロセス” 続きを読む

活き

私が今、皆さまにお伝えしているナチュラリゼーションという運動の再学習のプログラムは、「こう意識して、こう操作しよう」「ここが弱いから鍛えよう」であるとか、まず理解ありきというところから始まる意志を持った「働きかけ」から直接的に何かを変えようというようなアプローチとは少し違った視点も必要で、その辺りを言葉にしてお伝えするのが難しいのですが、年末に再読した『<いのち>の自己組織』という本の中で書かれている「活き(はたらき)」という言葉がそれに通ずるところがあるように思います。

“活き” 続きを読む

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑