問いかけ

大学で様々なジャンルのダンスを学ぶ様になった生徒さんが、手のポジションが定められていない自由の中で、ご自分の動きの癖や肘・手の空間の使い方に弱点を感じるというお話がありました。

あなたにとって肘とは?

そんな話をしましたが、それは何か一つの正解という「答え」を尋ねたのではなく、そんな風に問うことをしてみたことがあるだろうかという問いかけです。

例えば「肘」という言葉にどこを思い浮かべ、何を感じているのか。
バレエのアームスで知覚していたところかもしれないし、肘をつく場所で捉えているかもしれない。あるいはもっと漠然としていたりもするかもしれません。

一見無造作な様なアームスでも、むしろ型がないからこそ型の中で何をどのように感じてきたのか、またその際の身体の部位を表す言葉と感覚とがどう結びついているのかを、改めて問うてみることから始めてみることも、身体や動きと新たに出合っていくことなのではないかと思います。

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。