「動きのリーダー」を変えてみると

椅子から立ち上がる、ブランコを漕ぐ、あるいはシットアップのような動きはパラレルな動きですが、寝返りや這う動き、続く歩行もまた支える動きと運ぶ動きのコーディネーションによって重さを移しながらのスパイラルな動きだというようなお話をしました。

そのスパイラルな動きの寝返りも、時に「動きのリーダー」を変えてみることで発見できることがあります。

普段、アームスがリードするように動かしていたものを、脚がリードするように動いていったとき、例えばうつ伏せの状態から仰向けの状態へと寝返りをしようとした際に、一方の脚がリーダーになるときに思いがけず動きにくさを覚えるような左右差を感じたり、動かす感覚が曖昧であることに気付いて「あれっ?」となるように。

その違いはどういうところから生じているのだろうということを、昨日のレッスンでは膝歩きをしてみながら、あまり働いていないところ、動かす感覚が鈍いところを感じてみていただいたり、「運ぶ動き」のし難さを覚える時の「支える動き」はどうなっているだろうということも考えてみていただきました。

「支える動き」が変わることで「運ぶ動き」がしやすくなることに気付く方もいれば、「運ぶ動き」自体に働きの足りなさを感じ取る部位があることに気付く方もいらっしゃいます。

そこでそれぞれが感じたこと、気付いたことがあってからハイハイの動きをしてみると、また違った動きの選択肢が生じてきたりもします。

X+x9MqEMSsWVdiaOkbwinA