プレパレーションへの問いから

ピルエットのプレパレーションの時などに、左側の骨盤が後ろに引かれてしまうことが気になり出しました。

レッスンの最初にそのようなお話があったので、何故そのようになってしまうのかを「働きすぎているところ」「働きをあまり感じられていないところ」を一つひとつ動かして感じてみてから、今度は「働きすぎているところ」が先走って働くと、その「あまり感じられていなかった働き」が働きにくくなるということを確認したり、「働くタイミング」にフォーカスを向けたワークをしていきました。

その上で、問いを抱いたプレパレーションの動きが、それらの協調の仕方の違いでどう感触が変わるかも確かめていった際の写真です。

fullsizeoutput_2f34

左がそれまでのプレパレーション、そして右がその日感じ取った協調のもとでのプレパレーション。
機能の仕方の変化は形になっても表れますが、ご自身の問いからスタートして感じ取った感触は、プレパレーションの動きだけでなく、タンジュやデブロッペなどでもその動きをはるかに楽にするという発見につながりました。

fullsizeoutput_2f3d

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。