プレパレーションへの問いから

ピルエットのプレパレーションの時などに、左側の骨盤が後ろに引かれてしまうことが気になり出しました。

レッスンの最初にそのようなお話があったので、何故そのようになってしまうのかを「働きすぎているところ」「働きをあまり感じられていないところ」を一つひとつ動かして感じてみてから、今度は「働きすぎているところ」が先走って働くと、その「あまり感じられていなかった働き」が働きにくくなるということを確認したり、「働くタイミング」にフォーカスを向けたワークをしていきました。

“プレパレーションへの問いから” 続きを読む

セミパーソナル・レッスン

ナチュラリゼーションを続けていらした生徒さんのご紹介で、お箏の指導をなさっている方とフラダンスをなさっている方がご関心を持って下さり、昨日は初めてのレッスンでした。

初回なので、顎のワークや手のワークを中心にレッスンしていきましたが、その後ご紹介下さった方から以下のようなメッセージをいただきました。

IMG_0731

 

金曜日のレッスン&自習会

その日のうちの変化よりも、例えば1ヶ月前のレッスンから次に訪れた時の姿の間にあるものに、今その生徒さんの中で起こりつつあることが表れているように思います。

バレエのお稽古でも、これまでは体幹について注意されるようなことが多かったのが、このところ内転筋に関してのご指導が多くなってきたりと、求められるものも変化してきているようです。

“金曜日のレッスン&自習会” 続きを読む

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑